fc2ブログ

小さい「つ」

小さい「つ」が消えた日。



五十音村に住む言葉の妖精たちの物語で、この物語の主人公は、妖精の中で一つだけ発音されない小さい「つ」。

何もしゃべれない小さい「つ」は、仲間から大切な存在ではないと言われて、家出をしてしまいました。
すると、町は混乱してしまいました。印刷物や会話から小さい「つ」がなくなったのですから。

みんな、いなくなってから、小さい「つ」の大切さに気づくのです。
そうです。小さい「つ」がなくては、言葉として成り立たないのです。

たとえ小さくても、大切な役割をしているのです。

会社でも同じ。

一見目立たないところにも、大切な役割を果している人がいます。

みんな大切なのです。

子供向きとも言えるこの本ですが、十分に楽しめる本でした。


自己実現 | コメント(0) | トラックバック(0)2009/04/05(日)20:13

いよいよスタートです!

2009年4月1日を迎えました。
個人事業として、スタートします。

どんな道のりになるのか、それはそれで楽しみではないか!

成功を確信することが成功への第一歩である
ロバート・シュラー

ホームページを無料サイトでひとまず立ち上げてみました(写真や文章などは見直していきます)。
段階に応じて、ドメインを取得したいと思っています。

『新木経営情報研究所』

中小企業のビジネス競争力を高めていくための支援を行い、私なりの社会貢献を目指していきます。

今後ともよろしくお願い致します。

2009/04/01 新木



自己実現 | コメント(5) | トラックバック(0)2009/04/01(水)05:58

ケジメなさい♪

研究所は自宅と兼ねている状態であり、ON/OFFが難しいところです。
ダラダラ防止のためにも、以下の3つはやろうと思います。

・業務開始時間を決めておくこと。
・当日の業務内容を確認し、ゴールを決めてスタートすること。
・研究所内では、ジャケットを着れば、出かけられるような服装とすること。




自己実現 | コメント(3) | トラックバック(0)2009/03/19(木)09:17

「奇跡のリンゴ」から学べ

「農薬を使わないでリンゴを育てる」
少なくともその時代、実現は100%不可能と言われていたことをやり遂げた男の話。

「ひとつのものに狂えば、いつか必ず答えに巡り合うことができるんだ」というところから始まり、一気に読みました。

知人もいない大阪でリンゴを売るために、青森から受取人を自分にして大阪駅にリンゴを送りつけたエピソードなど、常識が通用しない。大物だ!

肥料を与えれば、確かにリンゴの実は簡単に大きくなる。けれど、リンゴの木からすれば、容易に栄養が得られるために、地中に深く根を張り巡らせなくてもいいということになる。運動もロクにしないのに、食べ物ばかり豊富に与えられる子供のようなものだ。
引用:奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家・木村秋則の記録 石川拓治 著

何をやるにしてもメリットがあれば、デメリットもあるということを考える必要がある。
それらを打ち消していくと、たどり着くところは「自然」に近い形なのかも知れない。
そんなことを思いました。


APPLE


自己実現 | コメント(0) | トラックバック(0)2009/02/25(水)06:27

礼儀正しくを加えます

だいぶ固まってきました。

私の考える成功の秘訣としては、何があっても

「ひとつひとつの品質を重視し、納期に遅れない」

そうすれば、時間軸とともに、信頼が増え、案件が増えてくると考えています。それに

「礼儀正しく」

を加えます。

当たり前のことと言われればそうだが、できていない瞬間があると感じます。

最近、何十社も製造業を訪問させて頂いていますが、頑張って欲しい、応援したいと感じる会社はすべて「礼儀正しい」という共通点がありました。アポイントもなしに訪問している私が気持ちいい気分になって帰るのです。

相手の方がいい気持ちになってくれているか?それには「礼儀正しく」することを忘れてはなりません。

法人化の際には、経営理念に出てくるであろう。


自己実現 | コメント(0) | トラックバック(0)2009/02/19(木)09:48

プロとして

土曜日の午後から寒気がしてきて、今まで、ずっと食事以外、ぐったりで寝ていました。

そして、今日はセミナー講師の仕事があります。今日起きるまでにいい方向に向かうかどうかが不安でしたが、ここで、こうブログを書いているということは元気になった証拠です。

セミナー講師は這ってでも行ってやらなければいけないものです。結果的にはいつもの調子でできそうですが、自己管理に問題ありです。

セミナー講師に関わらず、プロは、風邪を引いている場合ではありません。徹底した管理をして、同じ失敗がおきないように注意したいと思います。



自己実現 | コメント(0) | トラックバック(0)2009/02/16(月)06:22

批判も非難もしない。苦情もいわない。

今年は、「人を動かす」をゆっくりと再読することにしています。
ということもあり、これから、「人を動かす」からの引用が多くなるかもしれません。

hitowougokasu

今日はその第一弾。

「批判も非難もしない。苦情もいわない。」

人を非難するのは、ちょうど天に向かってつばをするようなもので、必ずわが身にかえってくる。

成功の秘訣は、「人の悪口は決していわず、長所をほめること」。

人を批判したり、非難したり、小言をいったりすることは、どんなばか者でもできる。そして、はか者にかぎって、それをしたがるものだ。

人を非難するかわりに、相手を理解するように努めようではないか。どういうわけで、相手がそんなことをしでかすに至ったか、よく考えてみようではないか。

途中、「父は忘れる」という、息子に対しての心を深く動かす一文が約3ページにわたって掲載されている。その一部を引用しておく。

小言をいいたくなったら舌をかもう。そして、おまえがまだ子供だということを常に忘れないようにしよう。

引用:「人を動かす」D・カーネギー



自己実現 | コメント(0) | トラックバック(0)2009/01/12(月)19:01

パラシュート記念日

なんとなく大きめの飛行機に乗り合わせでのっています。コントロール不能で、行き先すらも分かりません。

でも、ここ何年かの取り組みで、パラシュートがつきました。

仕事始めでもある今日、そのパラシュートを使うことを告げました。

私なりの社会貢献の姿を実現するためにも、パラシュートで地上に降りてきて、自らが、操縦席に座って、世の中を見てみると、本当の姿が見えるのかと思います。

操縦席に座わったはいいが、飛ぶまでに滑走路をいつまでも走り続けているかもしれません。でも、それを、恥じることはありません。

本気で、離陸するという思いで取り組めば、いつか一気に飛び立つことができるでしょう。


自己実現 | コメント(0) | トラックバック(0)2009/01/05(月)21:18

2009年の目標設定

今年も同じ5つの視点で目標を立てました。

売上や案件数など別の目標もありますが、この5つの視点は、それらのベースになるものです。

昨年は×のものもありましたが、今年は大きく変わる年であり、すべての結果が○にならないと、明日はないというぐらいの気持ちで取り組みます。

【家族】
旅行 国内2回

【人】
人を動かす 毎週1原則

【健康】
運動 毎日15分

【仕事】
執筆 7本
講演 12本(研究会なども含む)

【学習】
新聞記事の深読み 毎日3つの記事

なんだかいけそうな気がする~!

継続は力なり。

鍛錬千日之行 勝負一瞬之行 です。



自己実現 | コメント(0) | トラックバック(0)2009/01/04(日)06:12

少々遅れましたが振り返りです

少々遅れましたが、2008年目標の振り返りです。
どのくらい達成できていたのかな?

【家族】

2009/3夢のカリフォルニア(今年は資金集め)
 ⇒△ 資金集めの途中で、箱根、沖縄に行きました。それでお許しを。

土曜日の幼稚園送り迎え
 ⇒× ほとんどの土曜日が仕事や研究会などの活動が入ってしまいました。
     今しかできないことと思えば、残念。残り3月末までは時間をとるぞ。

【人】

Give 5回
 ⇒× 詳しくは書けませんが、思い出しても3回止まり。

【健康】

休暇 月4日(午前・午後の半休制度あり)
 ⇒○ 日曜日は基本的には休みました。

腹筋・腕立て伏せ 毎日30回
 ⇒× 出来る目標のつもりが、こんなことすら出来ませんでした。

【仕事】

執筆 5本
 ⇒○ 小さなもの、提出済み(これから発表されるもの)も含め、ちょうど5本。セーフ。

セミナーなどでの講師 5本
 ⇒○ 5本。セーフ。東京商工会議所、自主セミナーなど。

【学習】

講演ネタ 2本
 ⇒× 1本

昨日は、近所の神社に初詣。
いつもあまり気持ちが入っていませんでしたが(ここだけの話)、今年は、家族の健康や、助けて頂いている周りの人達のこと、仕事のことまで、思いを込めています。

今日は、商売繁昌の「神田明神」です。


自己実現 | コメント(0) | トラックバック(0)2009/01/03(土)05:30

CHANGEの中にはCHANCEが

毎年恒例の1文字漢字。今年は「変」。

「ヘン」と読むか、「か-わる」と読むか。

世の中「変だ」ではなく、これからの期待としての「変わる」という変革の意味で捉えたいですね。

もう一年以上も前に参加したあるセミナーで聞いたものですが、

変革の中には機会がある。

というのを思い出しました。

(変革を「CHANGE」とアルファベット大文字で書くと機会「CHANCE」が隠れています。)

結構、気に入っており、いつかアイスブレイクに取り入れてみたいなあと思っています。


ちなみに歴代の漢字はここです。毎年うまく表現されていると思います。参考まで。


自己実現 | コメント(0) | トラックバック(0)2008/12/12(金)22:27

アナログから学べ

先日、写真家の浅井慎平氏のお話を伺う機会がありました。

最近は、デジタルで、すべて自動補正され、シャッター一つでみんな同じような写真がすぐに撮れてしまう。
たとえ、仕組みを知らなくても。

アナログ時代の写真を1枚取ることの大変さを知っているのかどうかで、差が出てくる。

今、うまくできているようなことも、一度、歴史を振り返り、学ぶことが大切である。
そうすると、更にうまくできるようになるだろう。


アナログからデジタルへ

プロならアナログから学べ。そんなことを感じました。



自己実現 | コメント(0) | トラックバック(0)2008/11/24(月)08:30

200号は蔦さん語録で

記事200号となりました。

前半はかなり時間をかけて、書いていましたが、最近は、宣伝みたいな内容が多くなってしまっているなあと反省する気持ちもありますが。
とにかく続けることが大切という気持ちです。経営的に言うと、ゴーイングコンサーン。
今後も週1回はアップしていきたいと思います。

で、200号は、蔦さん語録でいきます。

「他人を押しのけてまでして、自分を売り込むまねは絶対にしなはんな。人生はお互いに譲りおうた中で、一つだけ自分の個性を大切にさせてもろうたら、それでええんじゃ」

過去の蔦さん語録もリンクしておきます。

鍛錬千日之行 勝負一瞬之行
人生は敗者復活戦ぞ
蔦さん語録。もういっちょ!

今後ともよろしくお願い致します!


自己実現 | コメント(0) | トラックバック(0)2008/10/03(金)21:09

人生は敗者復活戦ぞ

「負けることは恥ずかしいことでも何でもない。ホンマに恥ずかしいんは、負けたことを恥と思い、卑屈な人間になってしまうことじゃ。負けたら、また一から出直して次に勝てるよう努力すればいい。ほなけん、ワシは負けることを少しも恥だとは思っとらん」

引用:阿波の「攻めダルマ」蔦文也の生涯:富永俊治

池田高校蔦文也監督がよく言っていた言葉です。

あきらめずに何回でも頑張ることです。いつしか手に届いていることでしょう。
蔦さんだって、山あいの子供たちに大海(甲子園)を見せるまで、20年かかりました。


自己実現 | コメント(0) | トラックバック(0)2008/07/17(木)06:36

耳を使った情報収集

最近、習慣化していることを書きます。

Podcasting。診断士有志のブログに書かれていたもので、いいなあと思って取り入れてみました。情報は無料で、毎朝、ipodにダウンロードして、出勤しています。

コンテンツは、

「聴く日経」

「日経ビジネス 編集長の取れたての話」

「週刊日経トレンディ」

の3つをチョイスしています。

朝は、なんといっても「聴く日経」。出社前に自宅で読めればいいのですが、いつも昼休みになってしまっています。朝の電車の中で、朝刊の記事をかいつまんで読み上げてくれているのを聴くのは効果的です。あとで、新聞を読んで深く確かめることが出来ます。

「日経ビジネス」は、編集長自らが語っており、掲載されなかった部分が聞けたりして、より記事の理解が深まり面白く読めます。

「日経トレンディ」は、日常の情報のキャッチアップに最適ですよ。


自己実現 | コメント(2) | トラックバック(0)2008/06/11(水)21:37

ぼくはなんてすごい投手なんだろう!

少年は、バットとボールを持っている。

ボールを投げ上げ、バットを振る。空振り。
もう一度、やってみるが、また空振り。

バットとボールのどこが悪いか調べてから、ふたたび空に向かってボールを投げた。
またも空振り。

すかさず、その少年は、自慢そうに言った。
「やった!ぼくはなんてすごい投手なんだろう!」

引用:こころのチキンスープ

視点が違うだけで、見方は変わります。
逆の発想を取り入れることで、前に進むヒントを得られるかも。


自己実現 | コメント(2) | トラックバック(0)2008/06/04(水)05:48

ブルースからロックへ

「からっぽのブルース」でGoogle検索すると一番に出てくることが分かりました(本日現在)。
一番に出てくるべきではないですし、そもそも「からっぽのブルース」と検索した方にとって、当ブログは的外れです。
よって、「からっぽのロック」に変更します。あまり変わりませんが。

ブルースよりも私はロックがあっているかな。
ロックっていうとどんなイメージをお持ちですか?

ロックンロールとは悲しみを大声で歌ったものである。と誰かが言っていた。同感である。所詮人が音楽に向かう衝動なんて、ある種の悲しみがベースになっていると、私自身、身をもって知っている。
引用:「キラーストリート」桑田佳祐セルフライナーノーツ

音楽という形ではないですが、私も、執筆したり講演をしたりということの衝動とかパワーって、ある種の悲しみがベースになっていると感じています。

なので、私の活動は、私なりのロックなのです。

まずは、シングル(雑誌などの寄稿)、それからアルバム(本)を出したいなあと思っています。そして、ライブ(講演)も。
そんな活動を通して、世の中のためになれればいいなと思っています。

これから「からっぽのロック」宜しくお願いします。



自己実現 | コメント(0) | トラックバック(0)2008/04/17(木)06:04

鍛錬千日之行 勝負一瞬之行

今回は、私が高校の時からの座右の銘を紹介します。
当時、池田高校野球部監督だった蔦文也氏が言っていた言葉です。


「鍛錬千日之行 勝負一瞬之行」


1回負けると終わってしまう高校野球。

勝つためには、絶え間ない努力をしています。
にわかな努力では、いい結果は出ない。

いつか何処かで、チャンスは訪れます。

チャンスを確実につかむために、日々鍛錬なのです。



自己実現 | コメント(0) | トラックバック(0)2008/04/05(土)01:36

早速、「ザ・ファシリテーター」再読です。

昨日は暖かい一日でしたね。もう春です。

日本情緒あふれる「さくら」が咲いております。

sakura
渋谷区桜丘町にて

サボり?
では、ないですよ。移動中にさくっと撮ってみました。

昨日の夜は、「ザ・ファシリテーター」の著者としても有名な森時彦氏の講演を聴講する機会があり出席しました。先日、初のファシリテーターを体験したばかりだったので、タイムリーです。

CDを聴いた後、ライブに行くと、これってすごくいい曲じゃない♪と新たに曲の深みを感じることがあります。
それに似た感じで、「ザ・ファシリテーター」に書かれていた部分について、著者本人から聞くとより趣旨が伝わり深さを感じました。また、それ以外の部分については新曲を聴いたって感じで満足でした。

早速、「ザ・ファシリテーター」再読です。小説仕立てで読みやすく、お勧めです。

FACILITATOR.jpg


自己実現 | コメント(0) | トラックバック(0)2008/03/27(木)06:22

ファシリテーターに初トライ!

先日、日本ファシリテーション協会東京支部が開催する3月定例会に参加しました。

その定例会では、4人1組となり、全員が順番にファシリテーターを経験することが出来るように、4つの簡単な演習をしました。
「うまくまとまるのか、ドキドキしています」という心境から終了後には、「少し充実」に変わりました。

最初に、本日の目標を3つ
 -ファシリテーターの基本的な流れを体験する
 -楽しむ
 -発言をどんどんする
バブルマップに書きました。
それぞれの目標を期待の大きさによってバブル(円)の大きさを変えて書きます。

終了後に、そのバブルマップを見て、達成できていればバブルに×を入れて消します。
残ったバブルは、
 -発言をどんどんする
としました。いつもよりは、発言したつもりでしたがまだまだと判断しました。

インプットしたものを効率よくアウトプットしたい(生産性を高めたい)と考えたとき、ファシリテーションスキルは必須のものかと思います。

実際にやってみると難しいです。経験が必要ですよね。
これから月に一度の定例になるべく参加していきたいと思います。
経験を積むと同時に、他業種の方とお話出来ることも楽しい時間になりそうです。


自己実現 | コメント(0) | トラックバック(0)2008/03/23(日)09:27

こころ、あたたかく

ある会合に参加した際に、

世界を変えようとしたが、うまくいかなかった。
じゃあと、自分の国を変えようとしたが、それもうまくいかなかった。
次に、少なくとも近くにいる家族を変えようとしたが、悲しいことに、これすらうまくいかなかった。
いま、死の床についている。なんと、今になって初めて分かったのだ。
変わらなければならないのは、自分自身であったのだと。


という話を聞きました。

「こころのチキンスープ」という本からの引用とのこと(上記に書いたものは原文をかなり省略しております)。
この手の話は、自分はどうであろうかと、見つめ直すこととなり、こころにぐさりときます。

「こころのチキンスープ」は、プロの講演者たちが講演の中で、繰り返し人々に語ってきたストーリーの中から、特にすぐれたものを選んでまとめたものです。
早速、購入して、あっという間に読んでしまいました。
またまた、良い本に出会うことが出来ました。感謝です。

全68話。どの話も最高傑作です。
その中から、あえて5つ選ぶとしたらという事でタイトルのみ書きます。

何でもないことが
ほほ笑み
金の仏像
ぼくは世界一の野球選手
二粒の種のお話

以上の5つは、環境の変化によって、変わってくることでしょう。

これらの話を咀嚼して、人に伝える事が出来れば、素晴らしいことが起きそうな気がします。

こころのチキンスープ


自己実現 | コメント(0) | トラックバック(0)2008/03/21(金)06:02

転職の条件

5年後どうであろうか。と考えてみましょう。

同業への転職は、給与がUpするかもしれないが、今までの実力を全部発揮すること。すなわち、最大のアウトプットが求められる。当然のことです。
最大のアウトプットの中から、次のステップへの道標となるインプットを5年の間に得る事ができるのであろうか?
アウトプットばかりを求められ自分を見失う事にはならないだろうか。
そこのところを見極めましょう。

違う業界への転職は、はっきり言って難しいです。しかも給与は、下がるか、維持するのが精一杯であろう。でも5年後には視野が広がり、数々のインプットを得る事が出来ているはずです。給与が下がってもトライする価値が十分あると私は考えます。

もちろん、今の仕事の業界との関係の有無は関係なく、やりたい事につながっている仕事を見つけることが一番大切です。
5年後にどんな成長があるのかをじっくり考えてみること。短期的な視点だけで選択しないように注意しましょう。

変わることについては、反対ではありません。ドラッカーも

「自らがところを得ていないとき、あるいは組織が腐っているときはさっさと移りましょう。そこに安住してしまうと自らが二流の存在になってしまいます。」

と言っています。ここではあえて、自問してみましょう。

今の仕事を突き詰めているのかどうか

私の考えは、今の仕事を突き詰めることが出来ていないのであれば、どこに行っても駄目であろうということ。所詮、自らが二流なのでしょう。

結果がどうであろうが、まずは、今の仕事を突き詰めてみること。

それが転職の条件だと感じます。そうすると、ドラッカーの言葉も生きてくるのかと思います。


自己実現 | コメント(1) | トラックバック(0)2008/03/20(木)00:47

マインドマップ基礎講座受講

先日、マインドマップ基礎講座を受講しました。
脳の動きを紙の上に再現する頭の習慣を身につけるというのが目的です。

年を取るほど柔軟に頭が働かないなあと思われがちですが、アイデアとは、

「既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない」
引用:「アイデアのつくり方」ジェームス・W・ヤング

となっています。
既存の要素は、年を取っている方のほうが豊富です。

「創造性」を「体験」×「意欲」
で考えるならば、「意欲」次第で、充分、「創造性」を高めることができます。

7つのルールとプラス1のルールでしっかり全脳思考していきたいと思います。
ピンとこない部分もありますが、新しい靴を履いたときに2~3日違和感があるのと同じ。3週間もすれば、慣れてくるでしょう!

72時間ルールと21日ルール(連続では無理なので、21回にしておきます)をしっかり守り、アイデアの創造(発散)や本や会議のまとめ(収束)など、あらゆるシーンの中でマインドマップを試してみようと思います。

どのように学ぶかを学ぶのかが、すべてである(ジョン・ネスピッツ)

いい気づきになりました。
マインドマップお勧めです!


自己実現 | コメント(0) | トラックバック(0)2008/03/10(月)08:54

振り返りをしましょう

本日は、コラボ形式でのセミナーの講師をしました。
同じ内容で10回目となり、最終回でもあります。
ですので、総仕上げといったところです。

毎回少し、アレンジをかえて、試しました。
今回は、簡易診断チェックリストを配布し、少し考えて頂くように工夫をしてみました。
考えると言っても○と×を付けるだけですが。

終了後の個別質疑も盛況でした。
満足頂けたかな?

講師には必須のツールであろう「ICレコーダー」を先日、購入したので、今回、録音してみました。
恥ずかしいですが、聞いて振り返り、次の機会に備えたいと思います。


自己実現 | コメント(2) | トラックバック(0)2008/02/29(金)21:37

マインドマップ

最近、マインドマップを使う、マインドマッパーが多いことに驚きです。

マインドマップは、頭の中にある「考え」や「アイデア」を構造化して明確にできる技法です。

「成功者の告白」というのが私の好きな本の一冊なのですが、その筆者である神田昌典さんが「ザ・マインドマップ」というのを翻訳されています。

その関係で、前からマインドマップについては本屋で目につき、気にはしていたのですが、なかなか手が出ませんでした。なんせ絵が下手なんで。

でも、マインドマッパーに出会うことが多くなり、その影響で、「ザ・マインドマップ」を入手。
私なりに始めてみようと思います。

マルマンの「スケッチブック」でも買うか!形から入り、なりきる。
まあ大事なことですよね。

マインドマッパーからの紹介があり、タイミングよく3月にマインドマップの研修を受ける機会が出来ました。有効に使いこなせるようにマスターしていきたいと思います。


自己実現 | コメント(2) | トラックバック(0)2008/02/17(日)23:10

2008年スタートですね

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。

実家に帰省しておりましたが、先日、上京しました。

大晦日は、商店街を散策しました。日が悪いのもありますが、シャッターだらけ。昔はもっと賑わっていたなあ。駅前にある3件の喫茶店。そのうち2件は定休日。残る1件の喫茶店に初めて入ってみましたが、カウンターで常連とぺちゃくちゃ。「いらっしゃいませ」がない。まあそんなもんかな?

外部環境の厳しさは否めませんが、観光資源もある町なので元気になれるはず。
まず取り組むべきところは、もう駄目だと思っている経営者の姿勢から変えることでしょうか?このままでは、何の施策も成果を見出すことができないでしょう。
雇用増。後継者育成。地域ブランドへの取組みなど、ありきたりのところでもやるべき事は盛りだくさん。町の合併による弊害や地域の特性がありハードルの種類も高さも異なり教科書通りにはいかないでしょうが、事例などを調査研究して活性化の糸口をつかみ手助けをしたいと思います。
かつての中心市街地としての活性化を願う。

さて今年の目標ですが、自らがサラリーマン事業部新規開発事業部の2つの事業をしている社長だと想定し、昨年同様5つの視点で考えました。
仕事と学習の視点については、新規開発事業部でのことを焦点としています。

【家族】
2009/3夢のカリフォルニア(今年は資金集め)
土曜日の幼稚園送り迎え

【人】
Give 5回

【健康】
休暇 月4日(午前・午後の半休制度あり)
腹筋・腕立て伏せ 毎日30回

【仕事】
執筆 5本
セミナーなどでの講師 5本

【学習】
講演ネタ 2本

月に一度は振り返り、進捗を確認しつつ、一歩一歩進めていこうと思います。


自己実現 | コメント(0) | トラックバック(0)2008/01/02(水)07:12

2007年どうもありがとうございました

ドラッカーを見習って、16連休としたものの、風邪と疲れがどっときたのか手足が筋肉痛のような痛みにとりつかれ、どうしようもなくなり、生まれて初めての点滴をしたりで、何も出来ないで4日間が過ぎてしまいました。

そんな中ではありますが、本日より実家に帰ります。2007年最後のブログアップになります。

2007年という年は、診断士登録という大きな変化がありました。(父親以外の)診断士の方にお会いしたことはなかったのですが、今年は200人を超える方々とお話をする機会がありました。皆様パワフルな方が多いので、これからどうしていこうかと刺激を受けることが多く、充実した年であったと言えます。
ただ、イベントなどに参加をしていくことだけで精一杯という感じで、ゆとりがなかったかな。

年初に立てた、2007年の目標についての達成度はというと、5つの視点のうち(自己実現のためのオリジナルバランススコアカードです)、「人の視点」と「学習の視点」はOKですが、「家族の視点」、「健康の視点」、「仕事の視点」はまったく駄目でした。最後になって特に、「健康の視点」がボロボロになってしまいました。健康であることに常に感謝しなくては。当たり前に歩いているときには感じないものですよね。

5つの視点のバランスが保たれてこそ、充実した年と言えます。
ではでは、田舎で、体は充電しつつ、渇を入れて2008年を迎えたいと思います。

どうか来年も宜しくお願い致します。


自己実現 | コメント(2) | トラックバック(0)2007/12/26(水)06:08

冬休み突入

昨日が仕事納めでした。これからなんと16連休です。今までの社会人生活の中では、一番長い休暇となります。

ドラッカーは、「毎年夏になると、二週間ほど自由な時間をつくり、それまでの一年を反省することにしている。そして、コンサルティング、執筆、授業のそれぞれについて、次の一年間の優先順位を決める。もちろん、計画通りに一年を過ごせたことは一度もない。だがこの計画によって、私はいつも失敗し、今後も失敗するであろうが、完全を求めて努力するという決心に沿って、生きざるをえなくなっている。」と言っています。

今回は仕事の調整を前々から進め、ドラッカーのマネをしてみました。

2007年の反省と2008年の目標設定をします。
途中、3年連続で田舎にも帰ります。地域活性化の視点であらためて町を見てみようと思います。

また、この冬休みのテーマは「アイデア」とし、「アイデア」に関する書籍を3冊ほど購入しました。アイデアのつくり方などを学ぼうかと思っております。

参考文献:「プロフェッショナルの条件」P.F.ドラッカー


自己実現 | コメント(1) | トラックバック(0)2007/12/22(土)13:24

過去も未来も切り離す

先日は、中小企業診断士の口述試験でしたね。いかがでしたか?
私も1年前に受けました。以下はそのときに書いたのですが、アップせずにいたものです。
1年遅れでのリリースとなります。

先日、中小企業診断士の口述試験がありました。
肝心の内容ですが、問われている事は簡単な事でした。しかし、対応が厳しかった。
受験生の見方であり、和やかな感じだと思っていたので、ギャップに戸惑ってしまいました。ニコリともせず、こちらがコメントをしている間中、首を大げさに傾げたり、あんたの言っている事は変だよ。というような態度をされ、不安になる一方って感じで10分が過ぎました。終わった後はのどがからからでした。すごく嫌な気持ちが残った試験でした。
コミュニケーションスキルや態度については、何も問題ないと思いますが、後で、こう答えたらよかったなあというのがどんどん想起され、実力を発揮したとはとうていいえない内容となりました。合格発表まで1週間とすこし、もやもやした気持ちが残りそうです。
その間に家族旅行を予定しており、いい気分で行きたかったよ。

そこで、たまたま手にした一冊の本。まだ、冬休みではないですが、冬休み課題図書と決めて、三日前に、購入した本です。「道は開ける」。
それを読んでいると、終わった試験の反省はいいが、悩んでいても事態は変わらない。そんな悩みを持ち越すなよ。悩んでいても好転はしない。という気持ちになりました。そんな悩みに対応している暇はない。

今、あなたはどんな悩みを抱えていますか?

過去の出来事-すでに決着のついたことがら-を後悔するあまり、現在をも傷つけてはいないでしょうか?

どうですか?もし、その類の悩みでしたら、今更どうにもならない過去を切り離す。また悩んでも好転する事のないものであれば、未来も切り離す。

今日一日の区切りで生きよう。

冬休み課題図書を本日、開いてしまった。
でもおかげで、気分がすっきりして、家族旅行が楽しく行けそうです!!
(しかし、違う心配が発生。子供が風邪を引いてしまいました。さて、週末までに良くなるのか?)

参考文献:「道は開ける」D.カーネギー

*追記 子供の風邪もよくなり、楽しい家族旅行が出来ました!もう1年たったかあ。早いものです。


自己実現 | コメント(0) | トラックバック(0)2007/12/19(水)22:03

一皮剥けないといけない!

今回の記事でちょうど100号になります。
先日はブログ一周年ってことで、書きましたが、100という数字も大きな区切りですよね。

100号を迎えて、新たな思いとしては、一皮剥けないといけない!

というわけで、このたび、夢をカナエルの「プロコン養成マスターコース」に参加させて頂くことにしました。同じく参加の皆様、よろしくお願い致します。
話すこと、書くこと、という必須のスキルを徹底的に磨きたいと思います。

話すこと、書くことでどんどんと機会を呼び込み、ビジネスチャンスを増やし、社会貢献に繋がる活動をビシッとやっていきたいと思います。

今後ともよろしくお願い致します。


自己実現 | コメント(2) | トラックバック(0)2007/12/04(火)22:39

«  | HOME |  »


カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

プロフィール

 新木 啓弘

Author: 新木 啓弘
     (しんき よしひろ)

徳島県出身/東京都在住

株式会社インフォクリエマネジメント 代表取締役

中小企業診断士
ITコーディネータ
ISMS審査員
ターンアラウンドマネージャー(NPO法人金融検定協会認定)

砂にこぼれた雨の滴が
川と流れて海に向くように
人は生きて何を残そうか?
こんな小さな命だけど・・・
  「からっぽのブルース」より

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索