FC2ブログ

地域資源活用にはこの一冊

最近、休みが長い、GW、夏休み、冬休みの3回については、課題図書を決めて何冊かをまとめて読む習慣になっています。
それで、少し気が早いですが、すでに手元にもあるので、次の冬休みの課題図書の1冊を紹介します。

「地域に利をもたらす地域資源活用マニュアル」です。

地域資源

私の役目は地域の不安を取り除き、難しい人間関係を整理して、皆が楽しく確実に地域活性化を通した夢を実現することをお手伝いすることである。決して私自身が主人公ではありえず、そうした一生懸命に頑張る地域の人達こそが、地域活性化という物語の主人公になる。
引用:「地域に利をもたらす地域資源活用マニュアル」土肥建夫著

前半は、事例が紹介されており、昨年、中小企業経営診断シンポジウムで話題になった明石のタコも紹介されています。
後半は、近年の重要政策となっている地域資源活用や農商工連携等について、関連した情報が整理されています。

お勧めの一冊です。


スポンサーサイト




経営・ビジネス | コメント(0) | トラックバック(0)2008/12/10(水)21:35

«  | HOME |  »


カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Twitter

プロフィール

 新木 啓弘

Author: 新木 啓弘
     (しんき よしひろ)

徳島県出身/東京都在住

株式会社インフォクリエマネジメント 代表取締役

中小企業診断士
ITコーディネータ
ISMS審査員
ターンアラウンドマネージャー(NPO法人金融検定協会認定)

砂にこぼれた雨の滴が
川と流れて海に向くように
人は生きて何を残そうか?
こんな小さな命だけど・・・
  「からっぽのブルース」より

↓従業員特性調査ツール

BasMosバナー

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索