ビジネス・バリュー・ウェイ

ビジネス・バリュー・ウェイとは、「ビジョン」、経営者の「想い」、「経営目標」の徹底した見直しによる目標策定のことです。

徹底した見直しにより、可視化した目標は、全従業員がベクトルを合わせた経営参画意識の中で活動を行うことが出来ます。

「貢献意欲」と「共通目的」それを支える「コミュニケーション」。といえば、バーナードの組織存続の3要素。その3要素の均衡が重要です。
その中の「共通目的」を指すものはまさしく、ビジネス・バリュー・ウェイだと思うのです。

「なぜ我が社は存在するのか」と自問をして、

「ビジョン」
「想い」
「経営目標」


の3つについて、しっかりと社員に伝える事が大切です。

何の為に、仕事をしているのだろう?
私の仕事は会社に貢献しているのだろうか?
と、社員が思っているようだと、会社は伸びませんね。個人の力が一丸となり一つの方向に進めば大きな力になります。

ビジネス・バリュー・ウェイは、顧客はもちろん、会社、従業員がWIN-WIN-WINになるために必須となる取組みでしょう。

参考文献:「IT経営可視化戦略」阿部満


スポンサーサイト


経営・ビジネス | コメント(1) | トラックバック(0)2007/12/15(土)10:28

コメント

バナードとの関係

お世話になっております。

著書とバナードの原理の論点の紹介ありがとうございました。

IT経営と言う国家戦略(新IT改革戦略)を担うITコーディネータと診断士ですが、このビジョンと経営目標達成が経営者と従業員の心と心を通わせ、全従業員が経営目標達成で幸福になる原資だと思ってます。

バナードの組織3原則は、永久不滅の経営倫理だと思ってます。

新吉様の論理は非常に明確で、実践力もあり尊敬致します。

2007/12/31(月)07:07| URL | 阿部 満 #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Twitter

プロフィール

 新木 啓弘

Author: 新木 啓弘
     (しんき よしひろ)

徳島県出身/東京都在住

株式会社インフォクリエマネジメント 代表取締役

中小企業診断士
ITコーディネータ
ISMS審査員
ターンアラウンドマネージャー(NPO法人金融検定協会認定)

砂にこぼれた雨の滴が
川と流れて海に向くように
人は生きて何を残そうか?
こんな小さな命だけど・・・
  「からっぽのブルース」より

↓従業員特性調査ツール

BasMosバナー

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索