経営の見える化

先日、あだち産業センターで開催された、経営の見える化セミナーに参加しました。

前半は、時計修理業務においての「見える化」で業績拡大した事例発表がありました。
業務改善を成功させるにはいくつかのハードルがあります。それらをどう乗り越えたのか?
それは、社員の意識改革からのアプローチと、IT活用によるアプローチをたくみに絡めたものでした。
ヒントになるキーワードが盛りだくさんで面白いお話でした。

後半は、「IT経営可視化戦略」でおなじみの阿部満氏による講演でした。
「経営課題認知力」「経営改革力」「IT経営力」という3つの柱で、IT経営の可視化によって競争力強化、生産性の向上をしようというものでした。
私は一番後ろの席から受講者の様子も見ていましたが、皆様がメモを取られたり、うなずいている方がいたりで好評のようでした。受講者の皆様に気づきを伝えられた内容であったかなと思います。

見える化するにはITが必要か?

そんなことはありません。在庫管理を例にとると、棚を見ただけで何個あるのか分かるのであればITの導入は必要ありません。充分に見えているのですから。ここでの問題は所定の位置においているのかどうかです。5Sの取り組みが実は見える化の取り組みだったりします。
ITありきではありません。身の丈にあった方法を考え、PDCAがまわる仕組みを導入していく事に意味があります。

見えないと経営は変わりません。いいところも悪いところも見せちゃいましょう。
そして、悪いところは社員全員の共通認識として改善につなげていきましょう。

スポンサーサイト


経営・ビジネス | コメント(2) | トラックバック(0)2008/02/23(土)10:37

コメント

親友の新吉様
いつも素晴らしい記事で紹介していただいてありがとう
ございます。
また、今後、共同セミナーで企画して、見える化、そして情報セキュリティー分野の見せない化などできたら、中小企業経営者様のヒントになると思ってます。
宜しくお願い申し上げます。

2008/02/24(日)16:07| URL | 阿部 満 #- [ 編集]

見える化と見せない化の2部構成

こちらこそ、ヒントになること、刺激になることなど、いつもありがとうございます。

見える化と見せない化いいですねえ。2部構成で仕掛けますか!

今後が楽しみですねえ。

よろしくお願い致します。

2008/02/25(月)07:00| URL | 新吉 #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Twitter

プロフィール

 新木 啓弘

Author: 新木 啓弘
     (しんき よしひろ)

徳島県出身/東京都在住

株式会社インフォクリエマネジメント 代表取締役

中小企業診断士
ITコーディネータ
ISMS審査員
ターンアラウンドマネージャー(NPO法人金融検定協会認定)

砂にこぼれた雨の滴が
川と流れて海に向くように
人は生きて何を残そうか?
こんな小さな命だけど・・・
  「からっぽのブルース」より

↓従業員特性調査ツール

BasMosバナー

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索