fc2ブログ

中小企業診断士合格奮闘記2(成功要因編)

診断士試験は年に1回であり、初回の試験までは、開始が2003年4月なので、2004年8月までの約1年半という期間があるわけです。いかに継続して根気よく続けられるか。という事が重要。そこで、私が気持ちを持続するために自己マネジメントとしてやった事は以下の3つです。


①早朝勉強を続けました。
3年9ヶ月の間、朝4:30を基本として6:00までの間には起床して勉強をしました。不思議と目覚ましが鳴る(実際にはみんなが起きないように携帯電話のバイブレータ)5分ぐらい前に目が覚める事が多かったです。今もその習慣は継続しています。夜はいろいろと仕事の事を考えたりしてしまうのでさっさと寝て、朝、クリアな気持ちで取り組むと効率がいいです。

②毎日の学習記録をつけ、月間目標を立てました。
Excelで1シート1ヵ月で月間目標と勉強時間と内容を記録していきました。勉強開始の2003年4月13日から毎日です。月間目標を達成するための日々の実績積み重ね。月間目標達成が危うくなった時は、どうして診断士を目指しているんだっけ?と初心に立ち返りました。1500hが目安と言われていますが、結局3400hかかりました。これは日で割ると1日あたりの勉強時間は約2.4hとなります。ぞっとしますが、数値で残っている今はいい思い出ともなりますし、こんなに頑張れたという事が今後何かをやる時にも自信になると思います。
勉強時間ではなく中身だ!とも言えますが、これだけやったんだという気持ちの持ち方で試験に臨んだ事はよかったと思います。

③関連資格を目指しました。
モチベーションを保つ為にも随所に関連資格を挟みました。特に1年目は詰め込みました。取得資格は以下の通りです。
・ビジネス実務法務2級
・日商簿記検定2級
・経営学検定 初級
・情報セキュリティアドミニストレータ
・ITコーディネータ補試験
試験慣れをするという事でも有効です。あと、ここまでのレベルはクリアしているという自信にも繋がります。1年間勉強してきて1次不合格したとき、仕事の上で知識を活かしアウトプット出来ていれば問題ないですが、成果が何も残らなく1年間何をやってきたんだろうという気持ちになってしまうかも知れません。
私の場合、1次試験2回落ちましたが、関連資格に合格した事が多少なりとも仕事の上でも自信につながり、診断士試験に繋げていこうという気持ちが高まりました。
2006年から科目合格制度になりました。政策だけは終わらせておきたかった。3科目合格した。次回は残りだね。みたいな感じで進められるようになりましたからいくらかモチベーションが高められるようになったのかも知れません。

あと、成功要因としては、家族、友人の理解、協力や励ましこれは外せません。これがなくては合格はありえません。成功要因というより必須要因ですね。

①家族
悪いなあと思いながら、自分の好きなようにさせて頂きました。小さな子供がいて、土日のどちらかは子供Dayに割り当ててましたが、理解がなくてはここまで集中して時間を取ることは出来なかったでしょう。一番悪いなあと思っているのが、夏休みは3日取れるのですが、3年連続して1次試験対策として8月1週目(1次試験前の3日間)にとりました。今年の夏休みは家族で過ごそう。約束します。
(1次試験は夏の一番いい時期でタイミングよくないですよね。)

②友人
金曜日には、受験校の自習室で21:30まで勉強した後、同じ診断士を目指している友人と飲んで、どうなりたいのか?という目標を確認し合い、情報交換をして、士気を高めました。飲むと診断士の話が珍断士の話になる??こういう時間がすごくリフレッシュ出来、休日から翌週までのパワーを得る事が出来ました。
心にゆとりを持つ事が出来た、行き詰まっても、同じ志を持ち分かり合える友人がいた事。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

自己マネジメントをしっかり行った。くじけそうな時には、初心忘るべからず。そして、一番の成功要因として家族・友人の理解・励ましあいがあった事を書きました。

以上、中小企業診断士合格奮闘記でした。

スポンサーサイト




中小企業診断士 | コメント(0) | トラックバック(0)2007/01/21(日)10:05

«  | HOME |  »


カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

プロフィール

 新木 啓弘

Author: 新木 啓弘
     (しんき よしひろ)

徳島県出身/東京都在住

株式会社インフォクリエマネジメント 代表取締役

中小企業診断士
ITコーディネータ
ISMS審査員
ターンアラウンドマネージャー(NPO法人金融検定協会認定)

砂にこぼれた雨の滴が
川と流れて海に向くように
人は生きて何を残そうか?
こんな小さな命だけど・・・
  「からっぽのブルース」より

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索