IT成熟度を知ろう(3)

今回は2つ目の指標である「IT企業文化力」です。

②IT企業文化力

業務が標準化されているのか?

少なくともIT導入後には標準化しておかなければなりません。相手(IT)は道具だからです。
しかし、いきなり標準化を推進しても出来るものではありません。社長のリーダーシップが必要であり、お金で解決できることではなく時間のかかるものなのです。

レベルIT企業文化力
仕事の手順が文書化されていない
仕事の手順が部分的に文書化されている
仕事の手順が文書化されている
仕事の手順が文書化され、守られている
例外を含め文書化され、守られ、継続的な改善が行われている
仕事の手順が最適化されている


(2)に戻る

(4)につづく


スポンサーサイト


ITコーディネータ | コメント(0) | トラックバック(0)2008/09/11(木)06:16

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Twitter

プロフィール

 新木 啓弘

Author: 新木 啓弘
     (しんき よしひろ)

徳島県出身/東京都在住

株式会社インフォクリエマネジメント 代表取締役

中小企業診断士
ITコーディネータ
ISMS審査員
ターンアラウンドマネージャー(NPO法人金融検定協会認定)

砂にこぼれた雨の滴が
川と流れて海に向くように
人は生きて何を残そうか?
こんな小さな命だけど・・・
  「からっぽのブルース」より

↓従業員特性調査ツール

BasMosバナー

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索