レモネード出来上がりました。

どうしてこうなるのか。納得のいかない嫌な事。私の1つの例では、SEとして入社したのに、営業が足りないから営業やって、営業が増えたからSEに戻って。そんなどうしようもない経験をしています。私のキャリア形成どうなるんだよ。おっと、それはマイナス思考の考え方です。最初はマイナス思考でしか考えられなかったですが、今があるのはその経験があったからです。そうレモンをくれたからレモネードを作ってみました??お味は?


レモン(欧米風!?に言えば、レモンという言葉には不快なものという意味があります)を貰った時に、「私は負けた。これが運命だ。もはやチャンスはない」と言い、愚痴などを飛ばしてしまってないでしょうか。ここで「レモンを手に入れたらレモネードに変えられるだろうか」と自問し、「この不運からどんな教訓を学ぶべきだろう。どうしたら周囲の状況がよくなるであろう」と考えられるとしたら素晴らしい。

何で私が営業なんですか(レモン)?

営業を経験する事で、ビジネスの世界が広がりました。受注までの道のりを知ることが出来ました。また、元SEという事で、受注後の事がよく分かるので顧客の気にしている所がよく分かりました。そして売れなくなったから勉強しようと思いました。そして私なりの戦略を打ち出し、うまくいき始めた(レモネード)ところだったのに、SEに再度戻されました(レモン)。

しかし前のポジションのSEではなく、経営層とも話しが出来る環境にあるISMSコンサルタントとしての方向性で道が開けました(レモネード)。そして次はもっとスペシャルなレモネードを作ろうと動き始めました。

一つ一つの変化点ではレモンを贈られた気持ちでした。でもうまくレモネードに変える事が出来ているなあと思います。そう考える事が次のステップにもつながっていくのだと思います。

この冬休みに「道は開ける」を読んでいて、私の境遇に似ていたものがあったのでピックアップしてみました。

運命がレモンをくれたら、それでレモネードをつくる努力をしよう!

レモネードを作ってみると、壁にぶつかるぐらい嫌なレモンだったのが、ちっぽけなレモンに思えてなりません。いや、はじめからレモンはなかったのかも知れない!!

参考文献:「道は開ける」D.カーネギー

スポンサーサイト


自己実現 | コメント(2) | トラックバック(0)2007/01/22(月)05:51

コメント

レモンは経済用語ですね。

 新吉さん、解り易い解説で私も納得です。レモンは経済用語ですね。レモンに掛けてレモネードとは、専門用語をなるべく解りやすく言い回ししているなんてニクイですね~。ではまた次回の記事を楽しみにしております。
 レモンの原理はアカロフが中古車をピーチとレモンと証して論文を書きましたね。
 レモンは粗悪品、ピーチはその人の価値でそれなり、レモンの価格でピーチを得るのは難しいという事ですね。
 レモンでレモネードを作るよりも、ピーチを探す事をしたいですね。

2007/01/22(月)23:01| URL | ブリッジ #- [ 編集]

レモンはスライスに

コメントありがとうございます。

経済学やりましたねえ。「効用がさあ。」なんて、新しく覚えた用語をわざと使って理解を深めたのを思い出します。

考え一つでいつでもピーチなんですよね。

それでもピーチに思えない時は、レモンをスライスにして安い焼酎に入れてかき混ぜてみるのが手っ取り早いかな!週に1回はやっているかも。。。

では、またよろしくお願い致します!!

2007/01/24(水)21:21| URL | 新吉 #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Twitter

プロフィール

 新木 啓弘

Author: 新木 啓弘
     (しんき よしひろ)

徳島県出身/東京都在住

株式会社インフォクリエマネジメント 代表取締役

中小企業診断士
ITコーディネータ
ISMS審査員
ターンアラウンドマネージャー(NPO法人金融検定協会認定)

砂にこぼれた雨の滴が
川と流れて海に向くように
人は生きて何を残そうか?
こんな小さな命だけど・・・
  「からっぽのブルース」より

↓従業員特性調査ツール

BasMosバナー

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索