組織存続の3つの条件

なんで、業績があがらないのか?
それを探るために、(以前当ブログでもご紹介させて頂いておりますが)3C分析やSWOT分析なんかで分析をして、事業拡大マトリックスで進みたい方向を模索したりします。その他のフレームも使って色々な角度から分析してあるべき姿を作り上げる。りっぱなものが出来た!そこで満足をしていないでしょうか?


企業は組織で成り立っています。戦略を活かす事が出来るかどうかというのは組織が組織として成り立っているのかどうか。それを確認するには、バーナードの組織存続の三条件「共通目標」「貢献意欲」「コミュニケーション」の視点が活用出来ます。

私は、3つの関係について、上位に、「共通目標」→「貢献意欲」。下位にベースとして「コミュニケーション」があると考えています。

1・共通目標(企業理念、ビジョン)
今の仕事を企業理念・ビジョンに絡ませて説明出来ますか。ちゃんと説明出来るのであればそれは「共通目標」を持っていると考えます。経営者や管理職の方の思いが社員に浸透しています。

2・貢献意欲(インセンティブ、モチベーション)
共通目標があると頑張る力に繋がるか?そこには人参がぶら下がっていない事には。インセンティブ。モチベーションを高める為に何をやっているのか?成果がちゃんと評価されていて、利益がちゃんと処遇、給与、教育に反映されているのか。

3・伝達(コミュニケーション)
共通目標、貢献意欲があってもコミュニケーションがなかったら何もなりません。いや逆に、コミュニケーションがなかったら共通目標を持つ事は出来ないでしょうし、貢献意欲が湧くはずがない。まずは、縦(上司や部下)のコミュニケーションが円滑であるのかという視点。その次に横(バリューチェーン間)のコミュニケーションが円滑であるのかという視点。

この3つの軸を確認する事で、組織としてうまくいっているのかどうかが把握できます。今一度、自分の組織に当てはめてみては如何でしょうか。1つでも欠けていると、いくらいい戦略を描いたとしても企業として成果を上げられていないと思います。上げられているとしても長期的な視点からみると厳しいと考えます。

キーワード:C.I.バーナードの協働体系論

スポンサーサイト


経営・ビジネス | コメント(3) | トラックバック(0)2007/01/27(土)21:28

コメント

組織存続と経営者との相関関係論

バーナードの近代組織論からの考察で非常に読みやすく書かれており参考となります。
 バーナードは組織の存立要件としてこの3つを定義しましたね。
 この理論の後に、サイモンによる意思決定論への流れます。

 経済人モデル(最適化原理)と経営人モデル(満足化)となるのですが、サイモンの意思決定プロセスは最終的にアンゾフの各階層のヒエラルキーで経営者から下位になるごとに戦略的意思決定、管理的意思決定、業務的意思決定の3段階の意思決定があることを近代管理論で説明しました。

 このアンゾフの考えで組織の各階層にはおのおのの意思決定プロセスがある事を説明した事は現代でも重要なマネジメント論の一つだと思います。
 
 しかし日本企業の優秀な経営者の場合は現場主義を徹する傾向があります。
 トヨタ、キャノン、京セラなど日本を代表とする経営者は、売上を前年比20%UPとなったラインなど特に現場に顔を出し自ら指示を出す事もあるそうです。

 しかし、ダメな経営者は戦略策定や卓上の理論や現場への目線が全く無く、指示をしやすい部下に叱咤することもあると思います。
 
 私の考察が間違って無ければ、日本経営とは現場主義と戦略的意思決定が連動して活動できる経営者だと思います。

 不二家、雪印、パロマの事件は全て現場主義に徹してない経営者の没落した姿だと感じます。

2007/01/28(日)19:18| URL | ブリッジ #- [ 編集]

雑談

ITCのブログを探していて、拝見しました。私は、ISMS審査員補とPMPとなんと2級施工監理技師、TOEIC830です。ウイズリーマンですが。ITCどうですか?50万ですので、これから会社にねじこうもうかなと思っていますが。後Pマークと知的財産検定を取るつもりです。結構ITCは意味のある資格だとは思うんですが・・。ご意見お聞かせ下さい。情報セキュリティアドもいいかとは思いましたが・・。ISMSのほうが、コンサルにはいいのかと・・。まあ悩みは尽きません。。

2007/01/28(日)20:52| URL | tim #- [ 編集]

コメントありがとうございます!

>ブリッジさん
コメントありがとうございます。

経営者が現場に顔を出してくれると、「期待されているんだ!」と、それだけでモチベーションは高まりますね。
ほったらかしだと、まあ関係ないやみたいになり、不祥事もおきてしまうのでしょうね。コミュニケーションを通じて貢献意欲を高める。
経営者の役割は大きいですね。

>timさん

はじめまして、コメントありがとうございます。
ITCはまず会社にねじこんで受けるといいと思います(笑)。
メリットは勉強会志向、ビジネス志向などと色々なコミュニティをITC同士で作り活動をしており、研修仲間との繋がりはもちろんの事、社外の人との人脈が開けビジネスの幅を広げる事に有効に機能する事と思います。

歴史では、コロンブスが世界は丸いと報告したと聞いた事がありましたが、今は、世界はフラット化していると言っています。これからの時代ますます語学力は強みとなりますね。その上にセキュリティマネジメントも時代に合っております。それらを強みにしたコンサルタントとしての活動が出来れば怖いものはないですね。知識と実践のスパイラルでお互いに頑張っていきましょう。
また、閲覧頂ければ幸いです。
よろしくお願い致します。

2007/01/29(月)23:21| URL | 新吉 #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Twitter

プロフィール

 新木 啓弘

Author: 新木 啓弘
     (しんき よしひろ)

徳島県出身/東京都在住

株式会社インフォクリエマネジメント 代表取締役

中小企業診断士
ITコーディネータ
ISMS審査員
ターンアラウンドマネージャー(NPO法人金融検定協会認定)

砂にこぼれた雨の滴が
川と流れて海に向くように
人は生きて何を残そうか?
こんな小さな命だけど・・・
  「からっぽのブルース」より

↓従業員特性調査ツール

BasMosバナー

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索