診断士実務補習はじまる

中小企業診断士の実務補習15日間コースが2月2日からスタートしました。3社×5日=15日です。1日目に経営者ヒアリングをして、2日目~4日目は診断書作成、5日目に経営者向けに診断書の報告。それを3回繰り返します。1日目と5日目は会社に訪問するので、平日で、その他は休日の日にあてられています。週末を絡ませてのスケジュールになっており3月12日までの道のりとなります。


補習は6人の補習生に、指導員として診断士の方がつきます。また指導員補助の診断士の方やフードコンサルタント(1社目は食品関係企業の診断です)の方も紹介頂き、一気に輪が広がった感じです。診断士に合格してよかったと思える時でした。
補習生の皆さんもそれぞれ得意分野を持っていて、素晴らしいなあと感じました。それに皆さん色々な業界の事をよくご存知で、レベルの高い会話でうきうきしてきます。また、診断士試験に出てきた用語を共通言語として使って会話が出来るのはすごく気持ちいいものです。会社では使う場面がないので、すごく新鮮でした。使える環境にどんどん進んで行かなくてはという気持ちがいっそう高まりましたよ。

1社目の私の担当は、生産・製造戦略と情報戦略です。ここは気合を入れていきます。
3月中旬まで補習と仕事の毎日で厳しい日が続きますが、体調には気をつけて頑張って乗り越えていきたいと思います。

今回は日記になりました!しばらくこんな感じがつづくかなと・・・・


スポンサーサイト


中小企業診断士 | コメント(0) | トラックバック(0)2007/02/04(日)22:37

«  | HOME |  »


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Twitter

プロフィール

 新木 啓弘

Author: 新木 啓弘
     (しんき よしひろ)

徳島県出身/東京都在住

株式会社インフォクリエマネジメント 代表取締役

中小企業診断士
ITコーディネータ
ISMS審査員
ターンアラウンドマネージャー(NPO法人金融検定協会認定)

砂にこぼれた雨の滴が
川と流れて海に向くように
人は生きて何を残そうか?
こんな小さな命だけど・・・
  「からっぽのブルース」より

↓従業員特性調査ツール

BasMosバナー

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索