従業員を大切に思っている

いい会社ということで、以前に「礼儀正しい」「綺麗」と書かせて頂きましたが、最後の一つは「従業員を大切に思っている」です。

製造業巡回で最後に訪問した会社では1時間ぐらいお話しました。
その大半は、社長のあつい従業員への想いでした。従業員のみんながいるから会社があるんだ。従業員を含めたその家族のことまで考えており、従業員が熱で風邪を引いたといえば、薬と弁当買って持って行ってあげたりと、数々のエピソードを聞かせて頂きました。
こんな会社に勤めている従業員は幸せですね。

また、「忙しすぎてできなかった。今だからできることなんだ。」といいながら、ベテランの技術を若手に伝承することをやっています。
この外部環境を、じっくりと技術力、組織力を高める機会だと捉えていました。

技術力、組織力は会社の基礎体力といえます。
風邪が流行っていようが関係ないです。
基礎体力がついている会社は、ちゃんと、予防することを知っています。

このような会社が、どんどん増えていくといいですね。

スポンサーサイト


経営・ビジネス | コメント(0) | トラックバック(0)2009/03/01(日)07:36

«  | HOME |  »


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Twitter

プロフィール

 新木 啓弘

Author: 新木 啓弘
     (しんき よしひろ)

徳島県出身/東京都在住

株式会社インフォクリエマネジメント 代表取締役

中小企業診断士
ITコーディネータ
ISMS審査員
ターンアラウンドマネージャー(NPO法人金融検定協会認定)

砂にこぼれた雨の滴が
川と流れて海に向くように
人は生きて何を残そうか?
こんな小さな命だけど・・・
  「からっぽのブルース」より

↓従業員特性調査ツール

BasMosバナー

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索