中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン

独立法人情報処理推進機構セキュリティセンターより、中小企業の情報セキュリティ対策ガイドラインが公開されました。

このガイドラインでは、本編の他、3冊の別冊から構成されており、進め方として、

(ステップ1)
別冊3「5分で出来る自社診断シート」を実施する

(ステップ2)
別冊2「組織的な情報セキュリティ対策ガイドライン」を実施する

(ステップ3)
ISMS等を用いることで最適な情報セキュリティ対策を策定し実施する

という流れになっており、ステップ1、2について、ガイドされております。

別冊2では、中小企業にとって「共通して実施すべき対策」と、「企業毎に考慮すべき対策」とに分かれており、何をやっていけばいいのかが明確になっています。

中小企業の経営者の方や総務部門や情報管理を担当する方は、一読し、情報セキュリティの取り組みを開始されることをお勧めします。
情報セキュリティの対策は、中小企業には出来ないというのではなく、規模が小さいから「費用がかからない」対策を実施することができるのです。また、「PDCAが回しやすい」のです。
経営基盤の1つとして、情報セキュリティを整備し、業務改善に活かせる仕組みを持つことで、ビジネス競争力が高まることを願っております。

スポンサーサイト


情報(セキュリティ) | コメント(0) | トラックバック(0)2009/03/21(土)10:34

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Twitter

プロフィール

 新木 啓弘

Author: 新木 啓弘
     (しんき よしひろ)

徳島県出身/東京都在住

株式会社インフォクリエマネジメント 代表取締役

中小企業診断士
ITコーディネータ
ISMS審査員
ターンアラウンドマネージャー(NPO法人金融検定協会認定)

砂にこぼれた雨の滴が
川と流れて海に向くように
人は生きて何を残そうか?
こんな小さな命だけど・・・
  「からっぽのブルース」より

↓従業員特性調査ツール

BasMosバナー

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索