ファイブ・フォース・モデル(Favorite Frame-5)

経営とITの融合(2)を書いていたのですが、ファイブ・フォース・モデルの説明が長くなりそうなので、ここで外出しして紹介させて頂くことにします。

ファイブ・フォース・モデルとは、ポーターが提示した競争戦略論のフレームワークであり、「競争状態を決めるのは、基本的に5つの要因である」としたものです。
5つの要因とは、 「新規参入の脅威」 「代替製品の脅威」 「顧客の交渉力」 「供給業者の交渉力」 「競争業者間の敵対関係」 です。業界の競争が、既存の競争業者だけの競争ではないことを示しています。この5つの要因が終結して、業界の基本構造が規定されます


簡単に5つの要因それぞれについて解説させていただきます。

「新規参入の脅威」
ある業界に新規参入が起こると、生産キャパシティがふえ、価格が低下します。また、既存の業者は市場シェアを確保したいという思いから経営資源が新たに投入され、収益が低下します。

「代替製品の脅威」
代替製品の価値が価格に比して大きければ大きいほど、業界の収益への圧力がゆるぎないものになります。

「顧客の交渉力」
顧客が値下げを迫ったり、もっと高い品質やサービスを要求したり、売り手同士を競いあわせたりして、業界を相手に戦います。業界の収益性を損なうことになります。

「供給業者の交渉力」
買い手に対して、価格を上げる、あるいは品質を下げるといった脅しをかけることで交渉力を行使することができます。

「競争業者間の敵対関係」
価格競争、広告合戦、サービス条件などお決まりの戦術を使って、市場地位を確保しようという形をとります。お互いに相手の行動のいかんによって行動する関係であり、エスカレートすると、業界内の企業はすべて傷つき、以前よりも苦境に落ち込みます。

ある企業の競争戦略の目標は、業界の5つの競争要因からうまく身を守り、自社に有利なようにその5つの要因を動かせる位置を業界内に見つけることにあります。
現象面の底を深く掘って、各要因の源泉を分析することが戦略の決め手となります。競争圧力の源泉が分かると、自社の長所短所があきらかになり、業界内での位置もはっきりとしてきます。また、戦略を変えた時に、いちばん成果の予想される分野も明確になります。


参考文献:「競争の戦略」M.E.ポーター

スポンサーサイト


経営(Favorite Frame) | コメント(0) | トラックバック(1)2007/03/20(火)22:52

コメント

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

http://semicolonshinkichi.blog75.fc2.com/tb.php/28-ca6a3b8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

競争戦略論について

競争戦略論経営戦略論(けいえいせんりゃくろん;strategic management, competitive strategy)とは「いかに競争に成功するか、ということに関して一企業が持つ理論」である経営戦略(以下「戦略」と呼ぶ)に関する研究を行う学問分野である。かつては現役を退いた経営者

2007/03/21(水)20:10│マーケティング経営用語

«  | HOME |  »


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Twitter

プロフィール

 新木 啓弘

Author: 新木 啓弘
     (しんき よしひろ)

徳島県出身/東京都在住

株式会社インフォクリエマネジメント 代表取締役

中小企業診断士
ITコーディネータ
ISMS審査員
ターンアラウンドマネージャー(NPO法人金融検定協会認定)

砂にこぼれた雨の滴が
川と流れて海に向くように
人は生きて何を残そうか?
こんな小さな命だけど・・・
  「からっぽのブルース」より

↓従業員特性調査ツール

BasMosバナー

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索