横浜型地域貢献企業支援制度

企業の社会的責任。CSR(Corporate Social Responsibility)という言葉がよく聞かれるようになりました。ISOでは、対象となる組織を特定しないため、Corporateの用語を使わず、SRとされているものです。

横浜市では、地域性を切り口にした地域志向CSRに取り組んでいる企業を「横浜型地域貢献企業」として認定し、その成長・発展を支援する事業を展開しています。
認定を受けると、認定マークが付与されるほか、広報支援や低利の融資を受けることができます。

認定基準と評価方法

認定企業紹介

説明会
直近の申込企業対象の詳細説明会は6/22(月)、23(火)を予定しております。

CSRの取り組みは、大企業が社会貢献として行うボランティアのように、とられていることがよくあります。決して、そうではありません。
企業規模に関係なく、社会から支持され信頼されて、事業が繁栄されるための仕組みです。
経営の中にCSRの視点を取り込み、できるところからはじめていくことが望ましい姿だと思います。

この度、当制度の外部評価員として登録させていただいています。
CSRに取り組もうとする企業に出会えることを楽しみにしています。


スポンサーサイト


経営・ビジネス | コメント(0) | トラックバック(0)2009/05/31(日)18:20

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Twitter

プロフィール

 新木 啓弘

Author: 新木 啓弘
     (しんき よしひろ)

徳島県出身/東京都在住

株式会社インフォクリエマネジメント 代表取締役

中小企業診断士
ITコーディネータ
ISMS審査員
ターンアラウンドマネージャー(NPO法人金融検定協会認定)

砂にこぼれた雨の滴が
川と流れて海に向くように
人は生きて何を残そうか?
こんな小さな命だけど・・・
  「からっぽのブルース」より

↓従業員特性調査ツール

BasMosバナー

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索