フレームワークとマインドマップの融合のススメ



マインドマップ戦略入門(ダイヤモンド社:塚原美樹 著)
35のフレームワークを例にその使い方について紹介されております。

箇条書きで書いていると、思考がある時点で止まるのです。
でも、マインドマップでは、ブランチ(有機的な曲線を放射状に描く)のせいなのか、思ってもいない展開でつながっていきアイデアが浮かぶことがあるのです。

セミナーなどの講演内容を思考するときには、テーマをセントラルイメージにして、漏れなくダブりなくのためにフレームワークを駆使し、マインドマップに展開しています。
全体像をおさえたところで、必要なところだけを抜き取ってストーリーを決めて、レジメを作っています。

フレームワークとマインドマップの融合でガッチリ!


スポンサーサイト


自己実現 | コメント(0) | トラックバック(0)2009/09/03(木)07:09

«  | HOME |  »


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Twitter

プロフィール

 新木 啓弘

Author: 新木 啓弘
     (しんき よしひろ)

徳島県出身/東京都在住

株式会社インフォクリエマネジメント 代表取締役

中小企業診断士
ITコーディネータ
ISMS審査員
ターンアラウンドマネージャー(NPO法人金融検定協会認定)

砂にこぼれた雨の滴が
川と流れて海に向くように
人は生きて何を残そうか?
こんな小さな命だけど・・・
  「からっぽのブルース」より

↓従業員特性調査ツール

BasMosバナー

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索