会社の数字に強くなろう

会社の数字を理解して仕事を進めていますか。

どうすれば収益をあげることができるのか?

数字を読み解き分析をすることができれば、ヒントが見えてきます。

kaisyanosuuji
「会社の数字」基本と常識:大石幸紀著

経営的な視点から分かりやすく解説されています。
数字が強くなることで仕事ができる人になりましょう!

社内勉強会のテキストとしても最適だと感じます。
実際の数字を見ながら、このテキストに沿って数字を確認していくという方法がお勧めです。


スポンサーサイト


経営・ビジネス | コメント(0) | トラックバック(0)2010/02/10(水)20:12

«  | HOME |  »


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Twitter

プロフィール

 新木 啓弘

Author: 新木 啓弘
     (しんき よしひろ)

徳島県出身/東京都在住

株式会社インフォクリエマネジメント 代表取締役

中小企業診断士
ITコーディネータ
ISMS審査員
ターンアラウンドマネージャー(NPO法人金融検定協会認定)

砂にこぼれた雨の滴が
川と流れて海に向くように
人は生きて何を残そうか?
こんな小さな命だけど・・・
  「からっぽのブルース」より

↓従業員特性調査ツール

BasMosバナー

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索