ビジネスに求められるIT活用力

IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)より「IT人材白書2010」の概要がアップロードされています。

・企業活動に関する一般的な知識
・コンプライアンスやコーポレートガバナンスの重要性に関する理解
・SWOT分析など経営分析手法に関する一般的な知識
・個人情報保護法に関する一般的な知識

以上の企業・経営の知識に関する項目については、ITをビジネスの中で「使いこなす」ために、「会社」は、「個人」に対して幅広い知識・スキルを求めているという結果が出ています。まさに「IT経営」です。

また、IT人材に限ったことではないでしょうが、

・勤務先の企業の方向性や将来ビジョンが明確でないと答えた個人ほど「勤務先の発展、成長に対する不安」を抱えている傾向がある

という結果も出ています。ビジョンの大切さも改めて感じました。

IT人材の動向なども出ています。参考まで。


スポンサーサイト


IT | コメント(0) | トラックバック(0)2010/04/08(木)08:05

«  | HOME |  »


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Twitter

プロフィール

 新木 啓弘

Author: 新木 啓弘
     (しんき よしひろ)

徳島県出身/東京都在住

株式会社インフォクリエマネジメント 代表取締役

中小企業診断士
ITコーディネータ
ISMS審査員
ターンアラウンドマネージャー(NPO法人金融検定協会認定)

砂にこぼれた雨の滴が
川と流れて海に向くように
人は生きて何を残そうか?
こんな小さな命だけど・・・
  「からっぽのブルース」より

↓従業員特性調査ツール

BasMosバナー

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索