SMART(Favorite Frame-8)

久しぶりにFavorite Frameです。

目標設定をしてみたが、ふさわしいものになっているのだろうか?
やれるはずのない目標や願望だけの目標では意味がありません。
そこで、目標設定の際にこころがけておきたいポイントとして「SMART」というフレームがあります。

S (Stretch、Specific) ストレッチ、具体的
15%~20%くらいストレッチすれば成功できる程度の難易度のものになっているか
また、具体的なものになっているか

M (Measurable) 測定可能
客観的に測定できるように定量的に書かれているか

A (Accepted) 納得
自分自身が納得した目標になっているか

R (Resource) 経営資源の裏づけ
ヒト・モノ・カネ・情報は充分か

T (Time) デッドライン
期限設定ができているか

これで、スマートな目標設定ができるかな?

私はいつもこのパターンで紹介していますが、同じキーワードの頭文字をとっていても、実行可能性としてAchievableや関連性ありとしてRelevantなど、いくつかパターンがあるようですよ。



スポンサーサイト


経営(Favorite Frame) | コメント(0) | トラックバック(0)2010/04/22(木)08:45

«  | HOME |  »


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Twitter

プロフィール

 新木 啓弘

Author: 新木 啓弘
     (しんき よしひろ)

徳島県出身/東京都在住

株式会社インフォクリエマネジメント 代表取締役

中小企業診断士
ITコーディネータ
ISMS審査員
ターンアラウンドマネージャー(NPO法人金融検定協会認定)

砂にこぼれた雨の滴が
川と流れて海に向くように
人は生きて何を残そうか?
こんな小さな命だけど・・・
  「からっぽのブルース」より

↓従業員特性調査ツール

BasMosバナー

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索