従業員満足を高めることからはじめていきましょう

今日は、東京商工会議所荒川支部にてセミナーでした。

「今こそ「従業員満足」を実現しよう~顧客満足向上は、従業員満足から~」

お忙しい中、多くの皆さまにご参加いただきました。どうもありがとうございました。
このセミナーはうれしいことに、3週間ほど前から満員御礼で募集締め切りになっていました。

arakawa

はじめに、顧客満足よりも前に、従業員満足があることについて考えていきました。
それから、動機付けの種類や従業員満足度調査の方法などにも触れていきました。

休憩をはさみ後半からは、従業員満足を高める要素を9つに分類し、それをバーナードの組織均衡論(共通認識、貢献意欲、コミュニケーション)にあてはめ、それぞれの視点から従業員満足が高まる施策を考えていきました。

総論としては、

・やる気を高めるには、外発的動機付けから内発的動機付けに変わる内在化という方法があること
・上位の動機づけだけではなく下位の動機づけとの関連が重要であること
・従業員の成長のためのチャンスを提供してあげること


以上の3つです。

また、今回のセミナーでは「ジンザイ」を「人財」としてすすめました。

「人在」(いるだけの人)や「人材」では、コストと考えてしまい削減をしなくてはと思ってしまいますが、財産の財をあてはめた「人財」とすることで、人を育てることを投資だと考えることができるからです。

ビジネス競争力を高めるのには、従業員満足を高めることがスタートであることを確信しています。
従業員満足を高めることからはじめていきましょう。

スポンサーサイト


経営・ビジネス | コメント(2) | トラックバック(0)2010/05/13(木)18:58

コメント

人財とすべき考えは素晴らしいと感じました

大人気の講演に参加できずに残念でしたが本ブログで内容を理解致しました。

ビジネス競争力を高めるのには、従業員満足を高めることがスタートと言われておりますが同感です。

後半以降、バーナードを骨子に講演する辺りは新木様のコンサルや講演時の王道のような内容と感じました。

そして従業員を人財とすべき考えは素晴らしいと感じました。

2010/05/15(土)08:45| URL | 阿部 満 #- [ 編集]

Re:人財とすべき考えは素晴らしいと感じました

阿部様

いつもありがとうございます。

人財で、ガッチリ!

今後ともどうかよろしくお願いいたします。

2010/05/15(土)22:35| URL | からっぽのロック #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Twitter

プロフィール

 新木 啓弘

Author: 新木 啓弘
     (しんき よしひろ)

徳島県出身/東京都在住

株式会社インフォクリエマネジメント 代表取締役

中小企業診断士
ITコーディネータ
ISMS審査員
ターンアラウンドマネージャー(NPO法人金融検定協会認定)

砂にこぼれた雨の滴が
川と流れて海に向くように
人は生きて何を残そうか?
こんな小さな命だけど・・・
  「からっぽのブルース」より

↓従業員特性調査ツール

BasMosバナー

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索