雑誌スポンサー制度

本日の日経新聞夕刊に「雑誌スポンサー制度」というものが紹介されています。

図書館の雑誌の表紙に企業名を表示する代わりに購入費を負担してもらうというものです。
スポンサーにとって、企業PRになるとともに、社会貢献にもなるということで、一定の成果をあげているようです。

私が生まれ育った徳島県三好市にある三好市中央図書館(池田図書館)では、今年4月から実施しています。
私はコンサル業なので、「企業診断」(同友館)の雑誌スポンサーになるのもいいかなと思いましたが、指定された雑誌の中から選ばなくてはならず無理でした(笑)。

すぐに取り組める面白いアイデアですね。
他の場面でも応用できそうなことがあるか考えてみたいと思います。


スポンサーサイト


経営・ビジネス | コメント(0) | トラックバック(0)2010/06/04(金)22:59

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Twitter

プロフィール

 新木 啓弘

Author: 新木 啓弘
     (しんき よしひろ)

徳島県出身/東京都在住

株式会社インフォクリエマネジメント 代表取締役

中小企業診断士
ITコーディネータ
ISMS審査員
ターンアラウンドマネージャー(NPO法人金融検定協会認定)

砂にこぼれた雨の滴が
川と流れて海に向くように
人は生きて何を残そうか?
こんな小さな命だけど・・・
  「からっぽのブルース」より

↓従業員特性調査ツール

BasMosバナー

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索