クラウドサービスレベルのチェックリスト

経済産業省より「クラウドコンピューティングと日本の競争力に関する研究会」の報告書がアップされています。経済産業省では、クラウドコンピューティングを応援します。というスタンスになっています。

↓↓↓
「クラウドコンピューティングと日本の競争力に関する研究会」の報告書

クラウドコンピューティング利用によって、漏れてはいけないのが事業継続の視点です。

所有せずにサービスを受けるという形式なので、万が一、トラブルがあった場合、先方の管理体制や対応によって左右されてしまいます。

自社はどこまでを求めるのか、そして、現在またはこれから導入しようとするサービスはどこまでをコミットメントしてくれているのかを確認しておきたいところです。

その際に、今回の報告書の【資料3】「クラウドサービスレベルのチェックリスト」が役立ちそうですよ。

顧問先でもクラウドコンピューティングを利用している会社が多いです。

早速、チェックリストを活用しつつ、リスクアセスメントを実施し、事業継続計画まで落とし込んでいこうと思います。



スポンサーサイト


情報(セキュリティ) | コメント(2) | トラックバック(0)2010/08/17(火)12:57

コメント

チェックリストの使い方

私も、担当の仕事の一つにクラウドビジネスがあるもので、今日の日経を読んで、すぐに会社で報告書を印刷したくちです。

要約を流し読みした程度だったのですが、この記事を参考にして、あらためてチェックリストをじっくり読んでみようと思います。

2010/08/17(火)22:33| URL | Tomoaki@中小企業診断士 #- [ 編集]

コメントありがとうございます。

コメントありがとうございます。

データを預けることによるリスク管理はしっかりしておきたいですよね。
また、情報交換させていただければ幸いです。
どうもありがとうございました。

ブログ、リンクさせていただきました!!

2010/08/18(水)22:18| URL | からっぽのロック #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Twitter

プロフィール

 新木 啓弘

Author: 新木 啓弘
     (しんき よしひろ)

徳島県出身/東京都在住

株式会社インフォクリエマネジメント 代表取締役

中小企業診断士
ITコーディネータ
ISMS審査員
ターンアラウンドマネージャー(NPO法人金融検定協会認定)

砂にこぼれた雨の滴が
川と流れて海に向くように
人は生きて何を残そうか?
こんな小さな命だけど・・・
  「からっぽのブルース」より

↓従業員特性調査ツール

BasMosバナー

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索