ビジネスプランの最終チェック

顧問先などで、ビジネスプランを見て欲しいと言われると、私は基本的なところをおさえたあと、3つのことを最終チェックとして尋ねています。

・達成できる確率はどのくらいか?
・計画の8割しか認めなかった場合、どこを省くのか?
・2割増しの機会を与えたら、どのような追加措置をするのか?


*上記の3項目は、「コトラーの戦略的マーケティング」から一部引用しています。書籍には、7つの項目が記述されています。

これにズバリ答えることができれば、よく練られたプランだと判断しています。

また、それは自分自身がビジネスプラン案を策定する際にも、最終チェックとして自問しています。

聞くことは簡単だが、回答するのには、かなり厳しい。




スポンサーサイト


経営・ビジネス | コメント(0) | トラックバック(0)2011/03/21(月)10:24

«  | HOME |  »


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Twitter

プロフィール

 新木 啓弘

Author: 新木 啓弘
     (しんき よしひろ)

徳島県出身/東京都在住

株式会社インフォクリエマネジメント 代表取締役

中小企業診断士
ITコーディネータ
ISMS審査員
ターンアラウンドマネージャー(NPO法人金融検定協会認定)

砂にこぼれた雨の滴が
川と流れて海に向くように
人は生きて何を残そうか?
こんな小さな命だけど・・・
  「からっぽのブルース」より

↓従業員特性調査ツール

BasMosバナー

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索