基礎に特化し、とことん繰り返すこと

中小企業診断士試験の勉強は進んでおりますでしょうか。1次試験まで約4か月となりました。

私がこの時期どんなことを心がけていたのか振り返ってみます。

1次試験は全科目ともに40点以上。全科目平均が60点以上でクリアです。

80点や90点を取る必要はないと考えれば、気持ちが楽になります。
試験問題はどうしてもマニアックな問題が含まれます。しかし、それは正答する必要はないのです。
点数がいいと2次試験が有利というものでもありませんしね。

合格への近道は何かというと、落としてはいけない問題を落とさないことです。

それには、幅広く対応するのではなく、「基礎に特化すること」が重要です。

また、知識を定着させるために、問題集を活用することも多いでしょう。
いろいろと手を出していたら定着はしません。同じ問題をある期間たってから解いてみると同じ間違いをしているということはありませんでしたか?

同じものを何回も「とことん繰り返すこと」も重要なキーワードです。

「基礎に特化し、とことん繰り返すこと」で、知識を定着させていきましょう。

これ短2000「これ短にチャレンジ!」に掲載いただきました記事より、加筆しております)


スポンサーサイト


中小企業診断士 | コメント(0) | トラックバック(0)2011/04/05(火)20:41

«  | HOME |  »


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Twitter

プロフィール

 新木 啓弘

Author: 新木 啓弘
     (しんき よしひろ)

徳島県出身/東京都在住

株式会社インフォクリエマネジメント 代表取締役

中小企業診断士
ITコーディネータ
ISMS審査員
ターンアラウンドマネージャー(NPO法人金融検定協会認定)

砂にこぼれた雨の滴が
川と流れて海に向くように
人は生きて何を残そうか?
こんな小さな命だけど・・・
  「からっぽのブルース」より

↓従業員特性調査ツール

BasMosバナー

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索