ISMSに関するセミナーでした。

本日は、東京商工会議所足立支部で、ISMSに関するセミナーをさせていただきました。
ご参加いただきました皆さま、どうもありがとうございました。

アジェンダなどの詳細はこちら

情報セキュリティが求められていることについて、
  ・取引条件になっている
  ・社会的責任、コンプライアンス
  ・事業継続

以上の3点の切り口から、話しをすすめました。

また、情報セキュリティを進めるステップとして、
  「現状把握すること」
  「標準化すること」
  「管理すること」

という3段階で話をすすめました。

最低限、「標準化すること」という段階である、管理体制を整え、情報セキュリティ規程を作り、教育をしておくことが求められます。万が一のときに、何もしていなかったでは立ち上がることができないと言っても過言ではないですからね。

さらに進めば「管理すること」である、ISMSの認証取得になります。

焦らず、「標準化すること」、「管理すること」と、徐々に成熟度を高めていくことが大切です。
また、機密性だけでなく、完全性、可用性の観点も加え、情報セキュリティに取り組むことで、経営に役立つものになるでしょう。

どうもありがとうございました。



スポンサーサイト


情報(セキュリティ) | コメント(0) | トラックバック(0)2011/05/18(水)22:08

«  | HOME |  »


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Twitter

プロフィール

 新木 啓弘

Author: 新木 啓弘
     (しんき よしひろ)

徳島県出身/東京都在住

株式会社インフォクリエマネジメント 代表取締役

中小企業診断士
ITコーディネータ
ISMS審査員
ターンアラウンドマネージャー(NPO法人金融検定協会認定)

砂にこぼれた雨の滴が
川と流れて海に向くように
人は生きて何を残そうか?
こんな小さな命だけど・・・
  「からっぽのブルース」より

↓従業員特性調査ツール

BasMosバナー

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索