120%宣言

一日は一生の縮図、一刹那一刹那、一瞬間一瞬間、これの積み重ねが一日になり、一日の積み重ねが一ヶ月になり一年になり、そして一生になる。
そうなると一刹那一刹那も無駄には出来ない。


マイビジョンに向かって突き進むのに一番の制約条件は「時間」。「時間」は有限です。こうしてブログを書いている今も残りの「時間」は着実に減っている。
そう思うと、やるべきことがいっぱいあって、無駄な「時間」を過ごしている暇はない。一日一日が勝負。つくづくそう思うのです。

120%宣言

これ以上だと苦しい。100%は当たり前。
マイビジョンに近づけるよう、無駄な「時間」を排除した上で、120%で生き抜こう。

参考文献:「何のために働くのか」北尾吉考

スポンサーサイト


自己実現 | コメント(0) | トラックバック(0)2007/07/06(金)06:51

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Twitter

プロフィール

 新木 啓弘

Author: 新木 啓弘
     (しんき よしひろ)

徳島県出身/東京都在住

株式会社インフォクリエマネジメント 代表取締役

中小企業診断士
ITコーディネータ
ISMS審査員
ターンアラウンドマネージャー(NPO法人金融検定協会認定)

砂にこぼれた雨の滴が
川と流れて海に向くように
人は生きて何を残そうか?
こんな小さな命だけど・・・
  「からっぽのブルース」より

↓従業員特性調査ツール

BasMosバナー

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索