情報セキュリティに関するコラム(東商新聞)

東京商工会議所発行の東商新聞での情報セキュリティに関する連載が3月20日号で終了しました。

(第1回)2011年12月10日号
 情報セキュリティの本質は可用性にある
(第2回)12月20日号
  実は8割が内部のミス!?情報セキュリティ事故の実際
(第3回)2012年1月20日号
 どこまで対策すればよいの!?
(第4回) 2月10日号
 リスクポイントを洗い出そう
(第5回)2月20日号
 周知徹底は教育で、有効性は内部監査で
(第6回)3月20日号
 PDCAを回すために必要なこと

約4ヵ月にわたっての全6回どうもありがとうございました。
この連載がきっかけで、お声かけもいただき感謝です。

今後ともどうかよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト


情報(セキュリティ) | コメント(0) | トラックバック(0)2012/03/23(金)06:54

«  | HOME |  »


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Twitter

プロフィール

 新木 啓弘

Author: 新木 啓弘
     (しんき よしひろ)

徳島県出身/東京都在住

株式会社インフォクリエマネジメント 代表取締役

中小企業診断士
ITコーディネータ
ISMS審査員
ターンアラウンドマネージャー(NPO法人金融検定協会認定)

砂にこぼれた雨の滴が
川と流れて海に向くように
人は生きて何を残そうか?
こんな小さな命だけど・・・
  「からっぽのブルース」より

↓従業員特性調査ツール

BasMosバナー

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索