早朝勉強のススメ

中小企業診断士試験の一次試験までのラストスパートにはまだ早いですが、科目が多いこともあり、バタバタとならないように、計画的に進めていきましょう。

この時期からは、1日平均にすると、最低でも平日2時間は確保していきたいところです。
私はどのように確保していたのか、それは早朝です。

4時半~6時半までの2時間を充てていました。どうしても残業で遅くなったり、飲み会で遅くなったりということはあるので、そのような日は5時半スタートにしていましたけど・・・・・。
でも基本は、4時半スタートです。今は、4時半に起きられなくなりましたが(笑)

当時は、目覚ましをかけてもその前に目が覚めるほど、生活リズムができていました。朝がいいのは、すべてがクリアされてからスタートすることができることにあります。

夜ですと、仕事が気になってしまい脱線することもあるでしょう。また、風呂上りに一杯のビールを少し飲んだ後に、勉強といっても集中できるものではありません。今日も一日ご苦労さんというビールにして、さっさと寝てしまいましょう。

4時半~6時半は、「もともと寝ている時間」だと思うことで、余計なことは考えないでおこうと割り切ることができ、集中できます。朝、空が明るくなってくる感じがいいですよ。

継続は力なり。
朝型で、コツコツと平日2時間の確保で、頑張ってください。

これ短にチャレンジ!に掲載いただいた記事を一部引用しています。

スポンサーサイト


中小企業診断士 | コメント(0) | トラックバック(0)2013/05/12(日)08:21

«  | HOME |  »


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Twitter

プロフィール

 新木 啓弘

Author: 新木 啓弘
     (しんき よしひろ)

徳島県出身/東京都在住

株式会社インフォクリエマネジメント 代表取締役

中小企業診断士
ITコーディネータ
ISMS審査員
ターンアラウンドマネージャー(NPO法人金融検定協会認定)

砂にこぼれた雨の滴が
川と流れて海に向くように
人は生きて何を残そうか?
こんな小さな命だけど・・・
  「からっぽのブルース」より

↓従業員特性調査ツール

BasMosバナー

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索