上期のセミナー終了!

私は「書ける」「話せる」「コミュニケーション」はコンサルタントに必要な3要素であると感じています。なので、その3つの視点を常に高めることを意識しています。

今日は、その中で「話せる」の取り組みについて書きます。

「話せる」ようになるには、講演やプレゼンなどの機会を得て積極的に取り組んでいくことであろうと考えていて、今年の目標でもプレゼン5回を掲げていました。


何かいい機会はないかな?

会社の取引先がお客様向けに無料のセミナー(ちなみに講師報酬も無償。プロモーション活動の一環です)を定期的に行っていたなあ。そういうのがいいチャンスかな?と思い、半年前に、その一コマを頂きたいのですが、とセミナー事務局にお願いにあがりました。もちろん取引先のお客様を集めてということなので、取引先にもメリットがある必要があります。そのあたりをうまく伝えました。すると快く了承を得ることができ、この上期に同じ内容のもので6回のセミナー講師の経験を得ることが出来ました。

その6回のセミナーすべてを先日終えました。同じ内容で複数回話すことが出来るというメリットは、前回よりもっとうまくやれるにはどうすればいいのか?というあたりを考えながら進めることが出来ることです。これは単発なセミナーでは経験できません。いい機会に恵まれたものです。アンケート結果を見ても段々良くなっていきました。それはすごく自信につながりますね。

セミナー事務局から、好評なので下期も引き続きセミナー講師をお願いしたいと申し出がありました。(セミナーから取引先経由で新顧客を獲得するという会社の本来の目的にも達成していることもあり)もちろん快く了承です。

下期は、新しいテーマでストーリーを作り、また6回ぐらいの機会があるので、毎回最高のつもりで取り組む中で、振り返り、改善をとおして最終回には自分の中でも最高の出来に持っていけるように考えながら取り組んで「話せる」力をつけていきたいと思います。

スポンサーサイト


自己実現 | コメント(0) | トラックバック(0)2007/08/25(土)07:10

«  | HOME |  »


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Twitter

プロフィール

 新木 啓弘

Author: 新木 啓弘
     (しんき よしひろ)

徳島県出身/東京都在住

株式会社インフォクリエマネジメント 代表取締役

中小企業診断士
ITコーディネータ
ISMS審査員
ターンアラウンドマネージャー(NPO法人金融検定協会認定)

砂にこぼれた雨の滴が
川と流れて海に向くように
人は生きて何を残そうか?
こんな小さな命だけど・・・
  「からっぽのブルース」より

↓従業員特性調査ツール

BasMosバナー

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索