第二の人生のことを考えておきたいものです

夕方のニュースを見ていたら、今年、お亡くなりになられた方の特集をされていました。師走ですね。
私もこの歳になると、ご活躍されていた頃をよく拝見させていただいていた方もいらっしゃって、考え深いです。お悔み申し上げます。

そう、一度の人生。楽しい人生のためにも、第二の人生のことを考えておきたいものです。

「雇用主よりも長生きすることを念頭におくと、第二の人生のために、新しいキャリア、新しいアイデンティティ、新しい環境の用意をしておかなければならない」

「第二の人生をもつには一つだけ条件がある。本格的に踏み切るかなり前から助走しなければならない」

引用:プロフェッショナルの条件(P・F・ドラッカー)

サラリーマン時代に読んで響いた言葉です。

今読むと恥ずかしいですが、約5年前に書かせていただいた記事を思い出しました。

J-Net21中小企業診断士の広場
↓↓↓
第二の人生を成功させたいあなたは必読

一度の人生。楽しい人生のために。

スポンサーサイト


自己実現 | コメント(0) | トラックバック(0)2013/12/15(日)19:44

«  | HOME |  »


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Twitter

プロフィール

 新木 啓弘

Author: 新木 啓弘
     (しんき よしひろ)

徳島県出身/東京都在住

株式会社インフォクリエマネジメント 代表取締役

中小企業診断士
ITコーディネータ
ISMS審査員
ターンアラウンドマネージャー(NPO法人金融検定協会認定)

砂にこぼれた雨の滴が
川と流れて海に向くように
人は生きて何を残そうか?
こんな小さな命だけど・・・
  「からっぽのブルース」より

↓従業員特性調査ツール

BasMosバナー

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索