ヒトのウェイトは非常に大きい

すごくいい戦略を立てていてもヒトがついてこなければ成果は生まれない。経営に必要な資源はヒト、モノ、カネ、情報と言われますが、ヒト以外はヒトによって活用されるもの。

経営を四輪駆動の車の運転に例えると、

 ハンドル・・経営戦略
 タイヤ・・・R&D、マーケティング、生産力、財務力
 エンジン・・ヒト

車の方向性をコントロールするハンドル、車を前にすすめるタイヤ、それらの力はエンジンの性能による。

コアとなる有能な人材を育成、蓄積しエンジン性能を高めること。
人材格差が企業格差を生む時代。ヒトのウェイトは非常に大きい。

では、エンジン性能を高めるために一番大切なことは? 社長!自問して見て下さい。

やる気を出したいと思える環境を提供してあげられているかどうか?

スポンサーサイト


経営・ビジネス | コメント(0) | トラックバック(0)2007/10/23(火)22:04

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Twitter

プロフィール

 新木 啓弘

Author: 新木 啓弘
     (しんき よしひろ)

徳島県出身/東京都在住

株式会社インフォクリエマネジメント 代表取締役

中小企業診断士
ITコーディネータ
ISMS審査員
ターンアラウンドマネージャー(NPO法人金融検定協会認定)

砂にこぼれた雨の滴が
川と流れて海に向くように
人は生きて何を残そうか?
こんな小さな命だけど・・・
  「からっぽのブルース」より

↓従業員特性調査ツール

BasMosバナー

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索