中小企業経営診断シンポジウム参加(2)

午後は、4つの分科会に分かれており、私は第一分科会に参加しました。一番、印象に残ったのは、明石のタコ検定です。合格するとお墨付きのカードがもらえる。一見、おちゃらけたアイデアだけのように思われるかも知らないが、実は、ちゃんとしたターゲットを狙って実施しています。

ターゲットは30代~40代の男性。ターゲットというと女性であったりするのだが。一番ターゲットになりにくそうなところに何故?

明石という土地。30代~40代の男性は、平日は京阪神に出て、寝に帰ってくるだけ。いわゆるベットタウン。地元明石にもっとかかわりたいと思っていてもコミュニティに加わるなどの活動まではなかなか足が動かない。
そこで、タコの登場だ!開けてみると、どんどん吸い付いてきた!!

地元への愛着。それは地域活性化にもっとも重要な視点だと感じます。顧客満足を得るために、従業員満足を高めようとする企業の考えと同じ視点ですね。地元が盛り上がってくると周りからも集まってきます。

そんなわけでタコ検定も全国展開なわけですが、明石でしか受けられません。インターネットでの試験開催だって可能な時代。でもあえて行いません。タコ検定で儲けるというのではないからです。明石に来て頂き、検定を受けて、タコを食べて頂く。飲み屋で、お墨付きのカードをちらつかせ、「タコの血は何色か?」なんてやるとモテモテだな?

集客が増えれば、次の手を考える選択肢も増えますね。地域活性化の切り口を開くためのヒントを得た事例紹介でした。プレゼンも楽しい構成でやられていて、参考になりました。

事例発表を見る側ではなく発表する側にいなくてはと気合が入ってきましたよ。

初めて参加した中小企業経営診断シンポジウム。実りの多い一日でした。

(追記)最後の表彰式まではいられなく気になっていたのですが、公式HPを見ると、「明石・タコ検定」の発表が中小企業庁長官賞を受賞されておりました。おめでとうございます。


スポンサーサイト

テーマ:ビジネス│ジャンル:ビジネス
中小企業診断士 | コメント(0) | トラックバック(0)2007/11/20(火)05:17

«  | HOME |  »


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Twitter

プロフィール

 新木 啓弘

Author: 新木 啓弘
     (しんき よしひろ)

徳島県出身/東京都在住

株式会社インフォクリエマネジメント 代表取締役

中小企業診断士
ITコーディネータ
ISMS審査員
ターンアラウンドマネージャー(NPO法人金融検定協会認定)

砂にこぼれた雨の滴が
川と流れて海に向くように
人は生きて何を残そうか?
こんな小さな命だけど・・・
  「からっぽのブルース」より

↓従業員特性調査ツール

BasMosバナー

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索